能登の顔が見える道の駅 ”のと千里浜”

こんにちは、地元出身・広報のアヤです。
今日も皆さんに能登をお伝えしていこうと思います!

今回は7月7日にオープンしたばかりの「道の駅“のと千里浜”」に行ってきました。

 

以前ご紹介した”なぎさドライブウェイ”からすぐそこ!
なぎさドライブウェイは今浜ICから千里浜ICの間なので、今浜ICから入って千里浜ICから出れば道の駅は約300メートルほどで到着です。

足湯の看板と石像。
ドライブウェイから来られるお客様のために、タイヤを洗い流す簡易洗車施設も完備されているそうです。車用の足湯ですね~。
もちろん人用の足湯もありますよ!和倉温泉に行く前にこちらの足湯もいいですね。

千里浜は砂像が有名なので、道の駅にもこんなに立派な砂像がありました。

そして中に入ると羽咋米のタワー!!

(以前ご紹介した神子原米(みこはらまい)とはまた違った羽咋米なるものが…しっかり購入したので今度食べ比べてみなくては!)

店内には能登や羽咋を代表するおみやげが充実しています。

神子原米を使った神子原米だんご
能登の銘酒!竹葉に池月、一青(ひとと)も有名ですね
お隣の中能登町から能登上布コーナーが
お塩やお醤油(いしる)はちょっと重いですが買う価値ありの能登の味
「ジョジョ」好きにはたまらない?羽咋駅の文字オブジェがクッキーに!笑

個人的にとても良いなと思ったことは、このように生産者さんのお顔が見えるようになっていること。

能登の豊かな自然で生産されたおみやげたちは美味しいのはもちろんのこと安全も保証付きですね。

これが田舎のいいところ。

「だらほど まい」は「バカみたいにうまい」!(もう少しお上品にいうと「びっくりするほど美味しい!」ですね。笑)

そしてこのPOPの高田さん、能登が誇る日本一の旅館・加賀屋で13年間修行を積まれ、数々のコンテストで受賞歴を持つシェフなのです!
しかもこの道の駅で高田シェフが手がけるレストランでランチができてしまうという充実ぶり。おみやげだけではなくてここでグルメを楽しめる道の駅です。
「のとののど(能登の喉)」というネーミングも素敵ですね。

営業時間11:00〜16:00

加えて注目なのはこちらのマルガージェラート。
能登が誇る世界のジェラート屋さん。本店は奥能登、2号店は野々市にあるのですが、なんとこの道の駅にも出店が!
まだ試運転のため時間を限定しての営業だそうです。
これはいつか絶対に味わいたい!

営業時間10:00〜15:00

ちなみに平日の18時頃に行ったのですが、ほとんどのものが売り切れでした。残念すぎます。
地元の人達からの注目度の高さが伺えますね…。

そんななか購入したのはこちらのむちむちワッフル!甘さ控えめの優しいお味でした。
羽咋米も購入したのでこちらもまた後日食べレポをお届けしますね!

土日は行列ができるほどのお客様が訪れるそうです。
これだけ能登の魅力がつめこまれた道の駅なので当然かもしれませんね。
地元の方もそうでない方もぜひ、足を運んでみてください!

道の駅 のと千里浜
〒925-0054 石川県羽咋市千里浜町タ1番地62
TEL:0767-22-3891
営業時間:9:00~19:00
定休日:なし