かさねがさねのサンプルボードつくりました。

Pocket

 

こんにちは。
NOTO QUALITYディレクターのミヤモト兄です。

すっかり初夏ですね。
千枚田の棚田もきれいに田植えされました。
これから夏、秋に向けて季節を感じさせてくれます。

千枚田の撮影会に参加した、ふるさわさんの作品です。

先月の展示会で発表した、多重織りの新商品「かさねがさね」。
生地の種類も増えてきたので、ボードに貼り付けました。

「かさねがさね」は、多重織製織技術を使った商品です。
厚みのあるコート生地のようなのにダウンのように軽かったり、
ウラオモテ2枚の布を貼り付けてあるように見えるけど、
実は1枚の布だったりします。

 

例えばコレ。

ウラにコーティングをしたリップ生地に見えます。
実はコーティングはしていなくて、織だけで表現しています。

とても軽くスポーティーな顔になりました。

 

このコートも、オレンジ色の裏地がついているわけではありません。
裏地を使ったり、貼り合わせたりしなくていいのでコスパもGOODです。

この多重織技術、アイデアしだいでいろいろなバリエーションができますね。

2重、3重の織組織なので、商品開発するのも脳に汗かきますが、
現場の品質チェックも神経使います。

ふくらみを持たせた生地も好評です。
COLLECTIONページのほうで紹介していますので
のぞいてみてくださいね。

かさねがさねのページ

ではまた。