Premium Textile Japan 2018S/Sに「黒、変わらない」出品

Pocket

 

こんにちは。

NOTO QUALITYディレクターのミヤモト兄です。

5月9日~10日に東京国際フォーラムで「Premium Textile Japan 2018 Spring/Summer」展が開催されました。NOTO QUALITYは前回に引き続いての出展となります。

素材にこだわるたくさんのバイヤーの皆さまにご来場いただきました。
ありがとうございます。

今回の目玉は、多層織の新商品ブランド「かさねがさね」とコンセプト商品「黒、変わらない(仮称)」です。

4月26日のスタッフ・ブログでも書きましたが、今回出展したコンセプト商品「黒、変わらない(仮称)」は、正式なネーミングがぎりぎりまで決まりませんでしたが…思いきって出展しました。

綿100%のチノパンや、最近良くお店で見る綿PU混のストレッチパンツは、何回か洗濯を重ねると色が落ちてしまいますよね。

ハイターなどでうっかり洗ったり、台所なんかで漂白洗剤が飛んでしまったらたいへんです。試しに、塩素漂白を5回するとこんな感じ。紫色に変色します。

綿100%のパンツ。塩素漂白5回で紫色に変色です。
コットンPUのストレッチパンツ。元々は真っ黒、塩素漂白5回で茶色に変色。

 

でも今回出品の「黒、変わらない」は何回漂白しても、買ったときの色そのまま。ヘビロテ使いでジャブジャブ洗濯繰り返しても新品の色をキープします。

「黒、変わらない」は変わらない。写真は塩素漂白5回で比較しました。

 

「なぜ?」

このチノパン、綿パンに見えますが、実は合繊100%なので色落ちはしません。

「すごいね!」

との声をたくさんいただき、反響の大きさに逆に驚いてしまいました。実際のパンツ製品の販売は、後日お知らせいたします。

多層織の新商品「かさねがさね」ほうは、メインサイトに詳しい記事をアップしました。興味のある方は御覧ください。

 

ほかには、カモフラ柄の素材も出品しました。
これは、能登をモチーフにしたカモフラ柄の素材です。
遊び心で作ってみました。

こちらはInstagramにもアップしています。

太平洋側にお住まいの皆さんには、能登半島の形状がイメージしにくいようでした。

それとぜひ見てほしかったのが、このジャンパーのマジックテープ部分。
「NOTO QUALITY」の文字を入れたりしてみました。

 

いろいろ細部までこだわって作っているのですが、” 隠れミッキー ” みたいになってしまいました。

次回展示会ではアピール方法を改善せねば。

テキスタイルモール(tex-mall.jp)のスタッフ。ミネラルウオーター持って宣伝です。

ではまた。