COMPANY

//notoquality.com/wp-content/uploads/2016/11/08-1.jpg

心地よい織物素材「NOTO QUALITY」を生産・販売する丸井織物です。

主な製品は、アウトドア・スポーツ用素材、ファッション用素材、エアバック等の産業用資材で、高品質の合繊織物を日本や世界のさまざまなブランドに提供しています。

//notoquality.com/wp-content/uploads/2016/11/a0A7A2716.jpg
//notoquality.com/wp-content/uploads/2016/11/aエアバック-1.jpg

世界農業遺産にも登録された自然豊かな能登の里山里海。

この地に1937年に創業し80年間にわたり織物をつくってきました。

//notoquality.com/wp-content/uploads/2016/11/-e1493190742994.jpg
//notoquality.com/wp-content/uploads/2016/11/凪_-黎明にボラ待つ-小サイズ.jpg

1960年代の高度成長期、わたしたちは合繊織物に事業転換し、合繊産地北陸・能登を代表する合繊織物メーカーとなりました。
しかし、バブル崩壊後の1991年に日本の繊維産業はピークを迎えます。台湾、韓国、そして中国で安い繊維製品が大量生産されるようになり、能登産地だけでなく日本各地の伝統的な繊維産地は急速に縮小していきました。

//notoquality.com/wp-content/uploads/2016/11/スクリーンショット-5-1.png
//notoquality.com/wp-content/uploads/2016/11/原糸倉庫から見た当時の宮米織物工場全景(昭和26年-30年)-2.png
//notoquality.com/wp-content/uploads/2016/11/宮米織物織布工場(昭和33年-34年).png

グローバリゼーションの21世紀。わたしたちは日本をマザー工場として中国に進出しました。そこで見たのは、中国の桁違いの投資力とあふれる労働者、そして止めようのないコピー品生産。急成長する中国の勢いを現地で目の当たりにし身震いしました。

中国の同業他社の中で揉まれて15年を経て気づいたこと。それは、繊維大国の中国であってもできること、できないことがあるということ。中国進出を機に、日本の強みを活かす方向性がはっきりと見えてきました。

//notoquality.com/wp-content/uploads/2016/11/D1_05.jpg
//notoquality.com/wp-content/uploads/2016/11/七尾工場全景.png
//notoquality.com/wp-content/uploads/2016/11/JET004.jpg

わたしたちは、人と設備が共存した競争力のある織物工場を目指しました。業界を超えて自動車産業をはじめとした異業種に学び、トヨタ生産方式やTPMを導入して現場力を鍛えてきました。

そして今、わたしたちは世界と戦える能登でのモノづくりのビジョンを持っています。

 それは、「モノづくりとITの融合」。

織物メーカーの枠を超える挑戦が2015年に始まりました。

「IoT」、このキーワードが生産を革新しています。商品開発から出荷までの1200台以上の設備とデバイスをインターネットに繋ぎ、リアルタイムで最適生産を組み立てる。
すべての工程の品質情報もリアルタイムで把握でき膨大なデータをもとに行う迅速な改善。日々進化するIoTのネットワークは、突き抜けた品質と中国を超えるスピードとコストを実現します。

//notoquality.com/wp-content/uploads/2016/11/スクリーンショット-7.png
//notoquality.com/wp-content/uploads/2016/11/aB42.jpg
//notoquality.com/wp-content/uploads/2016/11/○-1.jpg
//notoquality.com/wp-content/uploads/2016/11/JET003.jpg
//notoquality.com/wp-content/uploads/2016/11/iサイジング-30.jpg

自社で開発した生地サンプルストックは5万点以上。それを手で触れながら企画商談できるテキスタイルスタジオ。東京、大阪だけでなく海外からも来客が絶えることはありません。

糸・織・染に精通した職人気質の技術者が、テキスタイルスタジオ内のデータベースとCADシステムを駆使して、素材を活かしたオリジナリティー溢れる商品を開発しています。

//notoquality.com/wp-content/uploads/2016/11/A15テキスタイルスタジオ小.jpg
//notoquality.com/wp-content/uploads/2016/11/スクリーンショット-9.png

独自開発される商品のベースとなるのは、突き抜けたクオリティーを実現する工場の現場力です。その証として、J∞QUALITY「安全・安心・コンプライアンス企業認証(織物・編物)」を取得しています。

//notoquality.com/wp-content/uploads/2016/11/aJ∞QUALITY.png

「J∞QUALITY」は日本が誇るモノづくりのクオリティーを限りなく追求した商品を認証する制度であり、日本品質を証明するブランドです。
・純正の日本製
・日本ならではの技術と美意識
・安心して購入できる安全な商品

これらを満たした証として、わたしたち丸井織物は「織り・編み」の分野で認証されております。

IT事業

 丸井織物では織物会社でありながらIT事業に参入しています。
「モノ作りとITの融合」のビジョンは、 今までにない新しいビジネスモデルを創出しています。
詳細を見る

丸井織物は能登の機屋(ハタヤ)でありながら、インターネット事業を展開しています。工場IoT化のシステム構築も自社開発し、柔軟な改変で進化し続けています。

この2年間で新たに立ち上げたインターネット事業は10事業以上。繊維業界ではありえない異次元のスピード感で新しい事業やサービスが生まれています。

わたしたちのビジョン「モノづくりとITの融合」は、工場IoT化によるスマートファクトリーとインターネット事業がつながることで具現化します。わたしたちは、今までにない新しい業態・新しい市場を創造させることにワクワクしながら挑戦を続けています。

「カクシン センイ カンパニー」

能登の地で、日本の繊維とモノづくりを世界に発信し未来に繋げる会社です。

社名:丸井織物株式会社
住所:石川県鹿島郡中能登町久乃木井部15
TEL:0767-76-1337(代表)
代表取締役社長:宮本 徹
会社HP:https://www.maruig.co.jp/