夏の能登金剛めぐり(2)ー注連縄で結ばれた厳かな夫婦岩・”機具岩(はたごいわ)”

皆さんこんにちは。
今回ご紹介するのは巌門から車で5分!機具岩です。

こんな感じで2つの岩が注連縄で結ばれています。


織物の神様が盗賊に襲われた際に持っていた機具を海に投げ込んだところ、2つの岩に変身したという伝説があるとのことで、機具岩という名前なんだそうです。

私が訪れたのは7月下旬の16時頃。この時間帯だと逆光でした。神々しい…。

能登は海岸線沿いにたくさんの特徴的な岩がありますが、この夫婦岩は特に大きいですね!

左側の16mの岩が女岩、右側の12mの岩が男岩だそうです。女岩のほうが大きい理由として「能登の女性は強いから」と言われているそうです。笑

西向きにあるので夕焼けの絶景スポットとしても有名みたいです。
ということで夕焼けの時間帯に撮影された写真もあわせてご紹介します!

これは絶景♪

能登ドライブの帰りにふらっと寄れたら、このダイナミックな岩と優しい夕焼け&波の音のコントラストに疲れた体も心もほぐされること間違いなし…。

ちなみに機具岩の真ん前にあるこちらの空き店舗に車が停められました。

縄に鳥がとまっていました(^^)
こうして見ると縄の太さがよく分かりますね。

そして金沢方面から車で機具岩に向かうには国道249号線を走るのですが、機具岩があるのは1本海沿いの旧道です。
国道のすぐ横に沿うようにして旧道があるのですが、はたご隊道の文字に注目していたらついうっかり機具岩を通り過ぎてしまいました。
途中で引き返して旧道に入りましたが、私と同じような方は多いみたいです。笑

はたご隊道の手前にあるこちらのトンネル。ここを左折で旧道に入れるようでした。
生神とかいて「うるかみ」と読むそうで、難読ですが、神話が多い能登らしい地名だなと思いました。
かっこいいですね!

奥能登に行かれる際はぜひこちらの機具岩にもお立ち寄りください。

能登金剛は夕焼けがよく映えるので、どのタイミングに夕焼けを合わせるか悩みますね…!

※能登金剛シリーズはまだ続きます!

-------------------
機具岩(はたごいわ)
石川県羽咋郡志賀町富来七海リの101番地
TEL:0767-32-9341(志賀町商工観光課)