金沢21世紀美術館で学ぶ繊維ー”ローカル・テキスタイル 1「TO&FRO うすく、かるく」”

皆さんこんにちは!

今回は観光地として超有名な金沢21世紀美術館で開催中のこの展示をご紹介します!

まず、金沢21世紀美術館はこんなプールでも有名な、全国でもトップクラスの人気を誇る美術館です。


そのデザインギャラリーにて期間限定で展示されているのがこちら。
石川県の伝統産業・テキスタイル(織物)に焦点を当てた「ローカル・テキスタイル」です。

なぜ石川県で合繊織物の生産がさかんなのか、この織物のすごいところはどこなのか、そういった難しい話が、ふらっと展示を見に来た人にも分かるような工夫が凝らされています。

うすいうすい織物。

ビームと呼ばれる太い芯に巻きつけられているのは目に見えないくらい細い糸。

“密度”によって出来上がる織物がどう違ってくるかも分かります。

細い糸で織られた薄い織物は、例えばかさばらない小物入れなどに活用されます。

身近にありながらもなかなか“学ぶ”機会が少ない“織物”という領域。

ナイロンとかポリエステルなんていう単語が出てくると、なかなかとっつきにくさを感じるかと思いますが(理系の人の中にはそういう視点が大好きという方も多いですが)、実際に織物を触ってみて、「こんな手触りがあるんだ」とか「こんなものも織物で作られているんだ」とか、そういったちょっとしたところから織物について知るきっかけになる、そんな展示だと思いました。

無料ゾーンなので気軽に立ち寄れますよ。

もちろん21世紀美術館そのものも、無料ゾーンだけでも見どころ満載。

金沢市役所のすぐお隣です。
ぜひ観に来てみてください!

-------------------
金沢21世紀美術館
ローカル・テキスタイル1「TO&FRO うすく、かるく」
〒920-8509 石川県金沢市広坂1丁目2−1
TEL:076-220-2800
営業時間:2017年11月18日(土)~2018年6月24日(日) 10:00~18:00
定休日:月曜日